アレルギー性鼻炎 ニンニク

アレルギー性鼻炎がニンニクで改善する理由/その上を行く黒にんにくの効能

 

春先になると酷くなるスギ花粉
この時期になるとアレルギー性鼻炎を発症する方が大変多いですね。

 

ひどい方になると春は杉、夏にはキク科の植物やブタクサなどで発症します。
中には一年中なんらかの症状があるという方も・・・。

 

アレルギー性鼻炎に発症すると頭はぼーっとしますし
下を向いていると鼻水が垂れてきたり、時には頭痛に悩まされたり。

 

勉強するにしても仕事をするにしてもいいことはありませんね。

 

そこでアレルギー性鼻炎を少しでも改善するためにニンニクを試す方が多いです。

 

ニンニクには滋養強壮の他に血管を拡張させて血の流れを良くし、
さらに殺菌作用によって体内の消毒を行ってくれるという効能があります。

 

特に気管支炎などの場合ですと、この血管を拡張する効果により
体が温かくなり、それによって気管支が広まることで症状が改善することが多いです。

 

またアレルギー性鼻炎に発症すると鼻から呼吸することができず、
必然的に口呼吸になり雑菌が直接体内に入りやすくなります。

 

そのため風邪を引いて体力を失い、さらにアレルギー症状を悪化させるという
悪循環に陥ってしまうケースが非常に多いのです。

 

こうした体力の低下を押さえるためにもニンニクが非常に有効ですね。

 

にんにくを食べるデメリットがあります

にんにくは上に書いたようにアレルギー性鼻炎や風邪にも大変効果のある食べ物ですが、
大きなデメリットも存在します。

  1. 匂いがキツイ
  2. 味が辛い

にんにくはご存じの通り匂いが非常にきつく、食べた後の口臭がでるため
人と話したり外出したりすると「ん?!」という顔を周囲からされます。

 

また好みにもよりますが、そのままですと辛いため食べ続けるということが
非常に難しいことでも有名です。

 

1回食べればアレルギーが治る、というようなものではないため
いくら効果があってもこれでは続きません。

 

 

そこでオススメしたいのが黒にんにくです。

 

黒にんにくは通常の白いニンニクを熟成発酵させたものです。
熟成発酵させることで味は甘くなり、匂いもしなくなるんです。

 

さらに特筆すべきはその効能。

 

熟成させることでニンニクに含まれる

  • アルギニン
  • s−アリルシステイン

といった成分が10倍以上になることが分かりました。
つまり普通にニンニクを食べるよりも黒にんにくを食べた方が効果的ということです。

 

 

味もドライフルーツのようになり、皮を剥けばそのまま調理せず
手軽に食べられます。

 

これならば朝出かけにヒョイっと食べるだけなので
継続できるのではないでしょうか?

 

 

にんにくのように辛くもなく、匂いもせず、さらに効能も10倍以上という
良いことづくしの黒にんにく。

 

アレルギー性鼻炎対策にはニンニクよりも黒にんにくをお勧めします。

 

岡崎屋 純黒にんにく

モンドセレクション金賞を5年連続受賞!

 

黒にんにくと言ったら岡崎屋さんの純黒にんにく。
無添加、無着色、無保存料の自然にこだわった一品です。国産原料のみにこだわった製法で
残留農薬の検査など体に対する影響もしっかりとチェックしており安心して食べれる黒にんにくです。

 

http://raku.in/gitie0v

つうはん本舗の熟成黒にんにく

http://raku.in/lmoy5eg

フリーアナウンサー杉本清さんが宣伝している黒にんにく。
テレビで宣伝していることもあり知名度も高いです。
「お試し1玉」が600円送料無料で購入できるのが魅力です。
1位に挙げた岡崎屋さんのものと比べると若干値段は高いです。