子供 にんにく

にんにくは子供に食べさせたらいけない?嘔吐や下痢の原因になることも

  • 子供ににんにくを食べさせたら吐いてしまった
  • 下痢を起こしてしまった
  • アレルギー反応が出てしまった

 

そんなお母さん達の悩みの声がでることがあります。

 

この原因は様々ですが、多くはにんにくの強い消毒成分が子供の未発達の胃腸を刺激してしまうこと。
またお子さんが持っているアレルギー体質に影響してしまうことが多いようです。

 

にんにくにはo-157の予防にもなると言われているほど強い消毒効果があることが分かっています。
無理に多量のにんにくを子供に食べさせてしまうと消毒作用がマイナスに働いてしまうことがあるので注意が必要です。

 

またアレルギーについても同様。
ただしこれについては事前ににんにくのアレルギーを調べることは現実的には難しいところです。

 

にんにく注射などである程度のアレルギー耐性を調べることはできるでしょうが、やはりお金もかかりますし手間もかかってしまいます。

 

少量のにんにくを食べさせてみてアレルギーがでるかどうかを確認するのがいいでしょうね。

子供でも安心してニンニクを食べさせたいなら・・・

にんにくには上に上げたように子供に対してデメリットを起こす可能性もあります。

 

ですがその多くは「多量のにんにくを一度に食べさせすぎた」というケースが多いようです。

 

これは中国の南京の話しですが、南京地方の幼稚園ではにんにくを園児に食べさせる習慣があるようです。

 

にんにくを摂ることで体が活性化し、健康になるということです。

 

その幼稚園では1日に10粒ものニンニクを園児に与えているようです。

 

刺激も強いですし、さすがに与えすぎですね。

 

ですが、

 

  • ニンニク特有の強い刺激が少ない
  • 胃腸にも優しい
  • 味も美味しい

 

というニンニクがあります。

 

それが「黒にんにく」と呼ばれるものです。

 

黒にんにくもあまりに多く与えてしまうと悪影響があるかもしれませんし、アレルギーに対してはやはりどうにもなりません。

 

しかし

 

  • 子供の体質を改善したい
  • 体力を増やしたい

 

という願いを持つお母さんにとっては試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

にんにくよりも遥かに食べやすいですし、お子さんでも好んで食べている方がいらっしゃいます。

 

薬もニンニクも適度に摂取するのが賢い使い方ですね。

 

≫オススメの黒にんにく