黒にんにく 癌

黒にんにくは癌の予防だけでなく改善にも効果があるの?

にんにくには癌を予防する効果があることで知られています。

 

中でも生ニンニクを加工することでできる熟成黒にんにくは
その効果を高めるということです。

 

さらに近年、黒にんにくは癌予防だけでなく癌を治す効果があるとも言われています。
それは本当なのでしょうか?

 

興味深い新聞記事がありましたので紹介させていただきます。

 

黒にんにく癌

 

弘前大学 佐々木甚一元教授のマウスを使った発酵にんにくの抗癌作用の実験です。

 

癌に侵された5匹のマウスに発酵にんにく(黒にんにく)の
成分を投与することでなんと2匹の癌が完治、残りの3匹についても
4割近くまで小さくなったという結果がでています。

 

この実験結果を機に世界でも黒にんにくの抗癌効果が注目され始めたようです。

 

にんにくには元々強い消毒作用があることで知られており、
発酵させることで大きくその効果を高めることができます。

 

 

にんにくを発酵する過程でアルギニンが3倍、アリルシステインが16倍
大きく向上する黒にんにく。

 

癌は日本人にとって国民病とも言われるほど普及してきています。

 

予防だけでなく、改善にも効果があるというのはとても心強いですね。

 

 

専門店でしか通常手に入らない黒にんにくも、
通販で手軽に手に入るようになりました。

 

 

手軽に美味しく、生産管理もしっかりしているおススメの黒にんにく。
ぜひ試してみてくださいね。

 

≫青森県田子産の純黒にんにく